トイレを我慢したら尿酸値上昇

私が勤めていた会社は、メーカー卸業で、午前中の昼までに受注の入力を終えて、午後にはそれらの商品を出荷準備、夕方の集配トラックに積み込ませる。

 

という一連の流れの作業的な部署の所属していて、そこで私は、そちらの受注入力を任されておりました。

 

朝、朝礼が終わったところから、ドンドン入る注文を、ガンガン入力し、商品を集める人たちにデータを渡さなければならず、殆ど席を立てなかったのです。

 

ですからほぼ毎日、膀胱がいっぱいになって、お腹が苦しくなるまで我慢している状態でした。

 

午後は、比較的余裕があって、トイレは我慢せずにいる事が出来ていたのですが、ある時、夕方ふと気づくとサンダルの甲と、つま先辺りがきつくなっている感じがして、でも翌朝出勤して同じサンダルを履くとスーッと履けていたので、あまり気にしていませんでした。

 

それからたびたびきつい感じが続き出したので、もしかして、むくみか?と思い、甲の一番高い所を押してみると、くっきり指型にへこみました。

 

仕事の関係で、トイレに立てない状況を考えて、お茶など水分を控えていたのと、トイレを我慢している状況がむくみの原因だとわかりました。

 

おしっこで毒素を出すと言われているのに、それだけの毒を流す水分をとらず、尚且つ、その毒素を出すという事もほとんどせず、そんな状態で仕事していたら体にいい訳ありません。

 

定期的に人間ドックを受けていて、ある時、尿酸値が高いですねと言われ、保健婦の指導を受けました。

 

仕事の状況を話すと、「事情は分かりました。でも人は一日2リットルのお水をとるようにしないとダメなんです。むくみも同じです。だから一生懸命水分をとって、トイレはゼッタイ我慢せず行き毒素を排出するように」と強く言われてしまいました。

 

後は、プリン体に注意。枝豆とビールの食べ合わせは避けて、出汁はかつお出汁はやめて、こぶ出汁にする様にと・・。

 

このままにしておくと、痛風になると言われて怖くなりました。

 

だから、頑張って食改善とトイレと水分に気を付けるようにしたんです。

 

今はかなり気を付けているので、あれ以来、尿酸値が上がるのはなくなりました。

 

トイレは我慢したら怖い事になります。気を付けましょうね。