手術後のむくみの機序と原因

むくみとは何でしょうか。人の体重は、約6割が水分で構成されます。

 

むくみは、血管内の水分が血管外に漏れて増えてしまう状態をいいます。医学用語では浮腫といわれ、全身性のものと、足など身体の一部に症状が出る局所性のむくみに分けられます。

 

手術の際に、医師が麻酔をかけた後に患者さんのお腹を切ったり、治療のために体を傷つけると、患者さんの体はそれを感知し、3種類のストレスホルモンを分泌します。

 

これらのホルモンの作用により、血管内にいた水分は血管の外に移行し、水とナトリウムが血管の外に出て行きます。

 

腎臓は血管のかたまりでできており、血液から尿を作り体の外に出すのですが、血管の外に水分がでてしまう事で腎臓が作る尿の量が減少します。

 

これらの要因から、全身にむくみが生じる事になります。

心臓が弱いとむくみやすい

心臓が悪く心不全と呼ばれる症状を持っている人は、むくみが起こり易くなります。

 

心臓は全身に血液を送り出す役割を担うので、この役割を果たせなくなってしまった心不全を持っている人は、心臓に血液が戻ってきても送りだす行ないが出来ず、血管の中に水分が停滞してしまいます。

 

血管の中で行き場のなくなった水分は血管の外に浸みだし、むくみとなるのです。

 

水は重力で下に落ちる性質があるので、立っている状態では特に足にむくみが起こりやすいです。また、肝臓や腎臓の機能が低下している人も生じがちになります。

アルブミンが少ないとむくみの原因に

血液の中に存在するタンパク質の中で一番たくさんあるのは、アルブミンという物質なのですが、アルブミンが少ないと血管の中の水分が圧の関係上血管の外に浸みだしてしまい、むくみを起こす原因に変容します。

 

アルブミンが少ない時に起こるので、手術の後に栄養がとれない低タンパクといわれる状況の人もむくみに陥りやすくなってくるのです。

 

また、アルブミンという物質は肝臓で作られるので、肝臓の機能が低下している肝硬変などの病気を併発している人もむくみが生じる可能性が高いです。

 

また、乳がんの手術ではよくリンパ節にがんが転移していないかを調べるために、リンパ節をとって調べる場合があります。

 

リンパ節は体の一番遠くの部分から体の中心部にリンパ液を集める役割があるのですが、リンパ節をとってしまう事によってリンパ液の流れが悪くなって、むくみが生じる原因となります。

 

手術を介して体が傷つけられたことによって生じたむくみは、術後の日数がたつにつれて血管の中に水分が戻り、尿として排泄されるようになるためむくみは改善がみられます。