補正下着とむくみの関係

ガードルや補正下着は、基本的に人の体型を綺麗にみせたり、痩せるために使われるものですが、それによってむくんでしまう場合もあります。

 

では、何故むくんでしまうかというと単純に下着のサイズがあってないからです。

 

補正下着は締め付けているから効果があると思われがちですが、ただ締め付けたら良いというものではなくもとあるお尻のまるみや、胸などを支えつつ、女性の胸やお尻の脂肪が重力によって逃げないためにお尻下の部分や必要な箇所を締めているのです。

 

なので、サイズが大きすぎると脂肪を逃がしてしまうし逆に小さすぎるとサイズは小さくなってもその分の脂肪がお尻だったら太ももに、胸だと背中に逃げてしまうのです。

 

そして、小さすぎるともうひとつ血行もとめてしまうためむくみの原因になってしまいます。

 

せっかく綺麗になりたいと思って高いお金をだしてもむくんでしまったりしたら勿体ないです。

 

ベストなサイズの下着選び

では、むくまないようにするにはどうしたら良いかって事ですが、私は補正下着をつける時はまず、買う前に自分のサイズを正確に測ってもらい、ベストなサイズを選びます。

 

例えば自分のサイズがLLサイズだったとして、何サイズになりたいかと言われたらもちろんSサイズと言いたいところですが、いきなりそんな下着を買っても伸びてしまうだけなのと、先程のむくみの原因になってしまうのでまずは自分のサイズの下着をつける事。

 

そして、下着をそのまま着用するのではなく、下着をつける時につけている高さを気をつけること。

 

ただ、つける履くだけでは、胸だと胸の高さ、お尻だとお尻の高さが下がってしまうので体型の見た目も老けてしまいます。

 

そして高さを合わせた後は、そこからお尻下や、ウエスト、お腹のお肉をお尻や胸に入れ込むことによってヒップアップやバストアップもできる他、足のお肉がいなくなることによって足のむくみの原因も抑えられるので一石二鳥です。

 

なので、補正下着はただ、つけたらいいのではなく、その付け方やサイズによってむくみなどのデメリットがうまれてしまうこともあるのでぜひ気をつけてつけて欲しいです。