顔のむくみは血流不足だった

寝る子は育つ、この諺は小学生の頃から親に結構言われ続けていました。

 

寝るという行為は人間として、いえ、生物として生きていく上での一日のリセットを行う作業として割り当てられたもの。

 

生命のすべてをコントロールしているという脳を十分に休めて血中に漂う、一日中身体に溜まった老廃物を睡眠中の間に取り除く指示を臓器に司令して、身体の維持に必要な酸素を全身に行き渡らせるために、必要なアプローチです。

 

こちらの清浄化作用が滞る事で、血中に老廃物が蓄積されて行くと、酸素含有量の低下を招く結果に。

 

なかには、稀に新陳代謝が短い睡眠だけでも上手くいくと言われている、ショートスリーパーといい別名「短眠者」とも言います。

 

この点は、まだ詳しい結球結果が示されていない為、目安にはなりませんが、誰でも睡眠を短くして余った時間をプライベートに使う時間を長くして、より生活を厚みを持たそうというのは無理があります。

 

 

では、酸素含有率が下がるとどうなるの?

 

これは老廃物でもある水分が適切に処理されて、排出されない事から、むくみが発生してしまうのです。

 

むくみを作らない様に心がけるのが大切になってきますが、エステサロンに通わなくても、実際は簡単に自宅に居ながら可能です。

 

簡単にできる方法で多いやり方は、「血行促進」を促すやり方です。このやり方は育毛などでも同様のやり方があります。

 

寒暖差をうまく利用すれば、血流促進を期待できるのです。

 

育毛の場合、は頭皮に直接に温かいシャワーを一分間浴びます、次に冷たい水をシャワーとして浴びます。

 

これを3セット交互に行う事で、血行が促進されますので血流もとても良くなります。

 

これを顔面に置き換えた場合は次のようになります。まずは清潔なタオルを水道水で冷やし軽く絞って「濡れタオル」を用意します。

 

顔面に当てて三分、次にぬるま湯をタライなどに入れて軽く絞ったタオルを、同じく三分間顔面に当てる方法を三セットしてください。

 

これだけでも停滞している顔面の血流は、かなり改善が見られます。

 

それ以外の方法は食事などで利尿作用のあるお茶、コーヒーなどで適宜に新陳代謝を促すわけです。

 

つまるところ、6時間〜7時間の快適な睡眠を取ることが一番手頃な方法ですが、なかなか難しい人もいますので、身体を動かしハードではないストレッジや温感療法によって血流を促し、利尿作用によってそれを後押しを行うようにコントロールしていく事が大切だと思います。