夜の脚のむくみ解消方法

長時間むくみが続く場合は、肝臓、腎臓などの内臓機能に問題がある場合がありますし、一時的・部分的にむくみの症状があらわれる場合は、体の水分調整が上手くできていない可能性が考えられます。

 

そして、仕事の仕方によっては、脚にむくみができてしまい、解消できずに悩んでいる方も多いみたい。

 

仕事をされている方は特に帰宅時間、夕方頃から夜になると、ふくらはぎ、足首にむくみを感じる方がいらっしゃいます。パンパンにむくみ、脚自体が太くなった重たい感覚になるなど、症状は座り仕事でも立ち仕事でも同じように起こるようです。

 

デスクワークなどは、体を同じ姿勢のままにして、目や手など脚以外の一部の機能しか使用せず、長時間同じ動作を続けるが為に起こります

 

長時間同じ姿勢を繰り返していると、血液の流れが妨げられ、血行が悪くなるので、脚がパンパンにむくんでしまうのです。

 

詳しく説明しますと、人の体内では心臓がポンプのような働きをし、血液に乗せて水分や栄養分を体の各部分の細胞へ送っています。

 

それと同時に、細胞内で不要となった水分が、静脈やリンパ管に戻ってきて再び体内を循環するのですが、なんらかの理由で、静脈やリンパ管の流れが悪く、戻ってくるはずの水分が溜まってしまうと、むくみという形で症状があらわれます。

慢性的なむくみに注意

脚の場合、運動不足によって脚の筋肉が衰える事でも、ポンプ機能が低下してしまい水分が溜まってしまうケースがあります。簡単な解消法としては、日頃から同じ姿勢を崩す癖をつけたり、軽い運動で血液の流れを良くすることです。

 

座ったままでも解消に役立つ簡単な運動があります。例えば、足を延ばした状態で指を閉じたり開いたりする運動、足の指を「グー」「パー」の形に繰り返すのが効果的です。

 

かかとの上げ下げ、足首を曲げたり伸ばしたりを交互にしておけば解消できます。

 

大事なことは筋肉を動かし血行の流れを良くすることですから、血液の循環を促進させるマッサージ、ツボ押し、足枕、足湯などにも挑戦すると良い効果がでる場合もあります。その他、水分や塩分のとり過ぎにも注意が必要です。

 

最後に、慢性的なむくみが続くケースでは内臓に原因がある可能性もありますので、「するるのおめぐ実」でも改善しない場合は、内科など専門医に相談することをおすすめいたします。